なぜ盗聴器を仕掛けるのか?犯人の驚きの目的とは

今や年間40万台を超えたとも言われる盗聴器販売台数。
これはそのまま盗聴者の多さを反映した数値と言えそうですが、彼らは一体何のために盗聴行為をするのでしょうか。

その主な目的を以下に挙げてみました。

ストーカーが対象者の近況を把握するため

一方的な片想いをしている者が、対象者の近況を把握するために盗聴器を取り付けるケース。

対象者の浮気の証拠を収集するため

パートナーの浮気を疑っている者が、盗聴器を仕掛けて浮気の証拠を収集しようとしているのがこのケース。

対象者の浮気の証拠を収集するため

パートナーの浮気を疑っている者が、盗聴器を仕掛けて浮気の証拠を収集しようとしているのがこのケース。

空き巣が対象者の留守時間を確かめるため

計画的な空き巣犯が対象者の家が留守になっている時間帯を、盗聴器で確かめようとするケース。

対象企業の機密を盗み聞きするため

ライバル企業や得意先企業などのオフィスに盗聴器を設置し、対象企業の機密を盗み聞きしようとするケース。

対象者と仲の悪い者が対象者の弱味を握るため

対象者と敵対している者が、対象者の弱味を握るために盗聴器を仕掛けるケース。
近隣住人とのトラブル、職場やサークル内での争いなどはこれに該当します。


悪い噂のある肉親や社員の素行を調査するため

悪い噂のある肉親や社員の普段のおこないを調査するために、盗聴器を利用するケース。


盗聴犯から自分の身を守るためには、犯人の目的を考えて行動しなくてはいけません。

例えば、元恋人からストーカー被害に遭っている人であれば、その人から貰った物に盗聴器が仕掛けられていないか確かめてみるべきです。

また、過去に空き巣被害に遭ったことのある人であれば、どこかに盗聴器が設置されていないか一度徹底的に家捜ししてみるべきです。

色々やってみたものの、自分の調査だけではどうしても不安だという方は、
どうぞお気軽にAkai探偵までお問い合わせ下さいませ。

神奈川での盗聴器発見についてはこちらへ